上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
10_08_a.jpg

自由の代償(1975)

監督: ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
撮影: ミヒャエル・バルハウス
出演: ライナー・ファスビンダー / ペイター・カテル / イングリット・カーフェン

ファスビンダー自作自演による、かなりきわどい形で階級対立を描いた異色作だ。自身ホモ・セクシャルである彼がリアルに表現する“男同士”の愛は、J・アイヴォリーなどの薄められたそれに慣らされた日本の観客、特に美少年趣味の女性たちの心胆を寒からしむるものがあるやも……だが、実に力強く、見応えのある映画。気の弱い労働者階級のホモの青年フランツ(ファスビンダー)は、友人の紹介でブルジョワたちのゲイ・サークルに出入りし、そこで知り合った実業家の御曹司オイゲンと愛し合い、彼と同棲生活を始める……。これまでずっと持たざる者の苦渋を味わってきたフランツが初めて富のもたらす自由を満喫し、欲望に踊らされる様を通して、人間の醜さを冷酷にあばく、役者としてのファスビンダーの実力も光る作品だ。原題は“自由の強権”といい、なるほど、その方がもっともらしい。金で買える自由など--という作者の叫びが伝わってくる。<allcinema>

10_08_b.jpg

解説リーフレット付属

管理用(レンタル用)バーコードシール無し

【美麗オリジナルケース】
ケースはシュリンクフィルム(ビニール掛け)で保存していたため非常に綺麗です


【中古DVD】 廃盤 / 貴重品 / 相場価格以下

特価: 5,500円(税込・送料別・返品不可)

お問い合わせ、御注文はメールにてお受け致します。
auviss1987@yahoo.co.jp


スポンサーサイト
2015.10.08 Thu l 外国映画 (ア - ナ) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。